信頼の置けるカニ通販ショップ

カニ通販 北海道

かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。かにを買うときには、お店には内緒の注意点があります。何が大事かというと、品数が豊富であればあるほど、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。かにの選び方に自信がないためですが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。大事な方に贈るかにならば、実績のあるところから買うことを勧めます。かにが大好きで、シーズンを待ちわびていた方は、インターネットでかにの通信販売を調べ、産地から直接購入できるサイトを利用したことはありますか。かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、サイトを丹念に探せば、産地直送で、さらに産地ならではのお買い得のかにが結構見つかります。味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、比較サイト経由などで、通販を使ってみるのが一番のおすすめです。激安が売りのかに通販も多々ありますが、検品や試食ができるわけではないので、品質が保証されたものばかりとは言い切れません。店舗がたくさんある中で、信頼の置けるところを探すことがかに通販のキーポイントです。通販でかにを買ったことがないという方は良心的な業者を探すのは大変なので、ネットの比較サイトを上手く活用して安くておいしいかにを食べてくださいね。直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、国内では北海道になるでしょうか。その理由ははっきりしていて、日本で水揚げされる毛蟹の産地は必然的に北海道になるからです。日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。そこで北海道の他にも、おいしいかにがとれるところも覚えて欲しいものです。

まずは、ズワイガニは松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取でたくさんとれますよ。北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。冷凍の状態によってはかなり味が落ちることもあるようですが、そんなこともなく、とても美味しかったです。コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、かにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちるといやだと抵抗を感じる人も多かったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。一度利用してみては如何でしょう。活かには下ごしらえしてから茹でましょう。きれいに洗ったら、30分程度水につけます。軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。次に甲羅と半身を離します。両手で持って、半身、また半身と外していきます。外したところで現れた黒いものをきれいに除き、かに味噌は取り分けておきましょう。脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。殻に切れこみを入れたり、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。案外よく食べられているのが、モズクガニです。世界でその名を知られた上海ガニの種は異なりますが、同じ族のかにです。ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。
また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いといわれています。そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。食用がにとしては、昔から日本各地で広く知られています。かにの産地として有名な地方と言えば北海道もあり、北陸地方もあります。北陸にはかにを堪能できる温泉も多く、石川県にある粟津温泉はおすすめでおいしいかにを味わい、温泉でくつろぐためにかにのシーズンには、全国から多くの客がこの温泉を訪れます。